2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

葬儀編/男性の仕事-1


お葬式の業者なんてないから、なんでも手作りってことを書きましたが
棺桶まで手作りなのにはちょっとビックリ。
そして棺桶を飾る装飾までもが手作りなのですが、器用な建築家の
親せきがささっと絵を書いて、こんな凄い装飾をみんなで作り
あげてしまったのには興味がわきましたね~。
終わったら頂戴と言いたいところですが、最後は埋葬した後にすぐ
墓地で焼かれてしまいました。もったいなーい。

kanoke-1.jpg

絵を書いたダンボールに金の紙を貼り、内側からノミで切り抜きます

kanoke-2.jpg

半分に折ったダンボールなので、結構な厚みです。金槌で叩く作業は
結構な力を使うみたい。

kanoke-3.jpg

二つに広げるとこんな感じ。うわっすごーい。

kanoke-4.jpg

さらに裏側に青や赤の鮮やかな紙を貼って、形を切り抜きます。

kanoke-5.jpg

装飾の素材が出来上がってきました。

kanoke-6.jpg

一方、箱形の器を作るグループは着々と作業を進めています。
棺桶自体は埋葬の当日に作らなくてはならないそうです。

kanoke-7.jpg

飾りの部品を張り付けていきます。

kanoke-8.jpg

見事に完成~。素晴らしい装飾が出来上がりました。

kanoke-9.jpg

お父さんの写真をつけた棺桶とその装飾が墓地に到着

kanoke-10.jpg

埋葬の儀式が終わるとすぐに装飾は焼かれてしまいました。
もったいない気もするけど、あんなに手間をかけたモノを惜しげなく
焼いてしまえるのもバリ人の心の豊かさをかいま見た気もします。
スポンサーサイト

| 文化・芸能・習慣・宗教 | 19:35 | comments(8) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

葬儀編/嫁の仕事-2


さて、女性達の仕事も最も重要なのはお供え作り。
お供えにもいろんなレベルがあって、日常的なお供えや儀式に
使うお供えなどなど。難しいモノになると、プロのお供え作り
オバサンに手伝いをしてもらうのだそうです。
3-31-1.jpg

して、そのお供え作りですが、日本人奥様の中にはちゃんと勉強して
作れる人もいるということですが、ワタシはお手上げ。
ちょっと真似して作ってみましたが、慣れていないので指の皮が
擦り剥けるし大変なことになりました。
日頃からやっていないのに、急には出来ないものですね。
コンピューターを使った作業ならいくらでも任せて~なんだケド。
3-31-2.jpg

こうして作られたお供え。もちろん埋葬用のものであって、意味も種類も
違うのだそうです。お供え作りだけだって大変な作業と手間ですよね。
日本人だったらきっと業者さんに頼むだけだけど、バリ人はこういう手間を
絶対に惜しまないところがスゴイと、いつも思います。

| 文化・芸能・習慣・宗教 | 19:12 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

葬儀編/嫁の仕事-1


3月30日にスカさんのお父さんが亡くなりました。
享年70歳。土曜日の夜に呼ばれた時にはもう危篤状態でした。

家族が亡くなったらバリ島ではなにをするのか?
そんな経験をしてきましたので、ちょっとレポートしますね。
とりあえずわけもわからず一週間の着替えをトランクに詰めて
出発。埋葬の時の黒のクバヤを一着。襟のあるシャツを出来るだけ
濃いめの色のサロンも3枚持参しました。

埋葬までの日はお客様の対応がワタシの仕事でした。
朝早くから夜遅くまでひっきりなしにお客さんが家を訪れます。
奥さんは結婚式の時と同じ、お米とクラッカーと砂糖、乾燥麺が入った
器を持ってくるのですが、しばらくは器を置いておいて雑談をし
時間が経つ、お客さんが帰る頃になると、中身を引き取って、器を返します。
3-30-1.jpg

お客様がいらしたら、器を受け取ってニコニコしながらコーヒーか
もしくはお水をおすすめします。だいたいは近所の顔見知りの人なので
軽く雑談。バリ語がわからないワタシはニコニコ顔を振りまくだけです。
3-30-2.jpg

お客様が帰るタイミングってだいたい一人30分くらいと思いますが
この時間がなかなか図れないんですよね。日本人的にはいつまでこれが
続くんだろ~と不安にさえなりますが、時間の適当さ加減があるようなんです。

お客様は帰る時に、自分の器を指し示します。その器の中身を引き取るのが
ワタシの仕事。お父さんが亡くなった当日と翌日は朝早くから、夜遅くまで
ずっと硬い床に座りっぱなしでこの作業が続きました。
普段、床に座り慣れないワタシにとっては、ちょっとした拷問状態。
膝や足首がすれてくるし、腰が痛くて大変でした。

確か結婚式の時も、訪問のお客さんをもてなしたのですが、今以上に
言葉は出来ないし、いつ終わるのか、なにが始めるのか予想もつかない
状態で恐怖すら感じていましたっけ・・・・。
今は少しは状況が理解出来るので、かなり楽にはなりましたね。

| 文化・芸能・習慣・宗教 | 19:04 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。